ビストロパパレシピ2020.12

種から育てたビワの木2度目の花が咲くいなりずし

2020/12/14

ビワの種を8年前にまいた。いくつか芽が出て、そのうち1本がスクスクと育ち、今年実がなった。

昨年の11月ごろに、枝の先に新しい芽が伸びてきたと思ったらつぼみだった。次第に大きくなり、小さな白い花が咲いた。育てた植木鉢は直径24センチ、高さ23センチ。立派に育ったビワは次女の背丈ほどある150センチに。

ビワは11月に花が咲き、実がなるのが6月。半年以上かけて育つ果樹だ。11月という花が咲かない時季に開花するため鳥に食べられやすい。せっかく咲いた花に、毎日のように野鳥が集まり、花をつつく。花びらと鳥のふんがベランダに落ちている。大切に育てたいので、ミカンが入っていた網のネットを活用して花を守った。なんとかやり過ごし、今年初収穫。4個ほどなった実を食べた。しっかりビワの味がした。

小さい鉢植えに、毎日せっせと水と肥料をやっている。昨年、実がなったのも、液体肥料をやりだしたことで花が咲いたように思うから。おかげで、今年は二つの枝から花が咲きだした。

11月に咲く花は、鳥や虫たちにとって貴重な存在。昨年同様、どうやらわが家のビワの花が鳥たちに狙われているようだ。さて、今年も鳥対策をしようか。そう思ってネットでビワについて調べたところ、「他にあまり花のない時季であるため訪花昆虫が集まりやすく、自家受粉しやすい」と書かれている。なるほど、実がなるには受粉が必要。それをわが家は鳥が担ってくれていたのではないだろうか。花びらがなくなっても受粉できれば実はできる。今年は、何の対策もせずそのままにしておこう。

寒くなったベランダで、昨日作ったいなりずしを食べながら、来年どれだけ実がなるだろうと思いを巡らせた。

調理時間

30分

材料(3〜4人分)

  • 油揚げ 大判(5枚)
  • A
    • 水(500CC)
    • 薄口しょうゆ(大さじ1)
    • てん菜糖(大さじ8)*砂糖でもOK
    • だし昆布(1枚)
    • あごだし袋(1袋)*もしくは、昆布とかつおでだしをとる

作り方

  1. 油揚げを水洗いして絞って半分に切る。鍋にAを入れ、火にかけ煮立ったら火を弱めて油揚げを並べ落としぶた(キッチンペーパーの真ん中を十字に切ってかぶせる)をして15分ほど弱火で煮込む。
  2. 温かい玄米ごはんにすし酢を加えて混ぜ、白ごまも加えて混ぜる。
  3. 1の油揚げを開いて2を詰めて閉じてでき上がり。
アト辛おとな味:七味
子手伝い:いっしょに包む
ビストロパパのワンポイント・アドバイス
自然に身を任せれば、実がなる
滝村 雅晴 (たきむら まさはる) パパ料理研究家。料理教室・研修(情報労連やNTT労組主催の料理教室も担当)の企画・講師、NHK「きょうの料理」の出演など、パパ料理の普及・啓発を行う。㈱ビストロパパ代表取締役。大正大学客員教授。農林水産省食育推進会議専門委員。日本パパ料理協会会長パパ飯士。いっしょに作る料理動画を、毎週末YouTubeでライブ配信中。ビストロパパチャンネルも開設。
ビストロパパレシピ
特集
トピックス
巻頭言
常見陽平のはたらく道
渋谷龍一のドラゴンノート
バックナンバー