ビストロパパレシピ2021.06

ナスのマイブーム到来ナスのショウガ焼き

2021/06/14

今では当たり前のように使う「マイブーム」。実は1990年代に、イラストレーターのみうらじゅんさんが作った言葉だ。自分の中での流行のこと。自分が今集めているもの、興味のあるものがマイブームと呼ばれている。

食とマイブームは密接につながっている。ラーメン、そば、カレーなど、毎週のように食べる外食が、誰もが一時期あったのでは。コンビニスイーツのマイブームを熱く語れる人も多い。家庭料理もそう。幼少のころに覚えている母のマイブームは「納豆」と「オクラ」。突然頻度高く食卓に出てきたのを今でも覚えている。両方に共通するのはネバネバ。母の中でネバネバブームがあったのかもしれない。

一人で食べる外食はともかく、家庭料理にマイブームが持ち込まれると、家族も巻き込まれる。自分は良かれと思って作り続けるが、後から家族から不評だったと気付くことも。

今、野菜のマイブームが「セロリ」と「ナス」だ。どちらも子どもには不人気の野菜。大人になるとわかるこのおいしさ。人も野菜も個性があるほうが好きだ。

新鮮なセロリは、生でポリポリ食べよう。カレー、パスタ、スープの料理などに、セロリを葉ごと使うと味が抜群によくなる。

ナスは、チーズをのせてオーブンで焼いた味が好み。ピザのトッピングもナス推し。みそ汁とナスの相性がまたいい。

炒めた時にトロトロになるナスもいい。豚のショウガ焼きの味つけで、ナスだけで作ってみた。これが大成功。炊きたてごはんの上にのせて食べてほしい。ちょっとラー油をかけると大人味に。

ナスの料理七変化を食卓に並べる。マイブームが終わるのが先か、家族から「ナス飽きた」と言われるのが先か。

調理時間

20分

材料(3人分)

  • 長ナス(3本)*ナスならなんでもOK
  • 片栗粉(大さじ4〜)
  • オリーブオイル(大さじ2)
  • 白ごま(適量)
  • A
    • しょうゆ(大さじ1.5)
    • みりん(大さじ1)
    • 酒(大さじ1)
    • てん菜糖(大さじ1)
    • ショウガすりおろし(1かけ)

作り方

  1. ナスのへたを取って細長く乱切りにして水にさらす。水気を切ったら片栗粉をまぶしてあえる。
  2. フライパンを火にかけオリーブオイルを入れる。1のナスを入れて炒める。全体がしなっとしてきたら、Aを加えて炒める。全体がなじんでトロトロになってきたら、白ごまをかけてでき上がり。
アト辛おとな味:七味、ラー油
子手伝い:ナスを洗う
ビストロパパのワンポイント・アドバイス
家族が喜ばないマイブームは見直そう。
滝村 雅晴 (たきむら まさはる) パパ料理研究家。料理教室・研修(情報労連やNTT労組主催の料理教室も担当)の企画・講師、NHK「きょうの料理」の出演など、パパ料理の普及・啓発を行う。㈱ビストロパパ代表取締役。大正大学客員教授。農林水産省食育推進会議専門委員。日本パパ料理協会会長パパ飯士。いっしょに作る料理動画を、毎週末YouTubeでライブ配信中。ビストロパパチャンネルも開設。
ビストロパパレシピ
特集
トピックス
巻頭言
常見陽平のはたらく道
渋谷龍一のドラゴンノート
バックナンバー