ビストロパパレシピ2018.03

いつもの鍋が、 つけだれを変えて 激ウマに。タラちり鍋と、とろろ卵だれ

2018/03/15

冬の季節になると、野菜がたっぷり食べられ、すぐに作ることができる鍋料理がおすすめ。今年は天候により、野菜の生育が悪く農家さんの苦労がうかがえる。だから、わが家では、できるだけいつも通り野菜を買うようにしている。

先日、白菜を買おうと地元野菜コーナーに行くと、1/4カットの白菜の芯がスカスカだった。これは、発育が悪いなと思い、仕入れ担当の若い男性に尋ねたところ、芯が詰まっているほうが甘くておいしい、隣の野菜コーナーの白菜がおすすめだと正直に教えてくれた。ありがとうとお礼を言いながらも、自分の販売している白菜をすすめることなく、その時に一番状態のいい白菜を紹介してくれたことに感動。「お兄さん、商売上手だね」と伝えて、地元の大根を購入した。こういう姿勢やサービスが、ファンを増やし、リピーターにつながるのだと感じた出来事だった。おかげで、この日は、おいしい白菜と大根で鍋を食べることができた。

その時に、いつもの定番鍋を、劇的においしく食べる、つけだれ「とろろ卵だれ」レシピにたどり着いたので紹介したい。

始めは、定番のポン酢で食べていたが、これに生卵を混ぜて食べると、おいしいことに気付く。その後、めんつゆを少し加えるようになり、ついに山芋のすりおろしを足すことで、究極のつけだれが完成した。しかも手に入りやすい食材と調味料で。このつけだれにハマってから、鍋を作る機会が増えた。また、うどんとの相性がよく、子どもも喜ぶ。

そして、このつけだれ、もう一ついいことが。山芋を食べると、かゆくなる方でも大丈夫なのだ。ポン酢に含まれる酢が、山芋のかゆみ成分を抑えてくれるので、かゆくならない。

間もなく春だが、三寒四温で寒い日も続く。鍋を食べながら家族で温まってほしい。

材料(3人分)

  • タラ (3きれ)
  • 白菜 (1/4カット)
  • 大根 (10センチ)
  • シイタケ (4枚)
  • しらたき (1袋)
  • 絹豆腐 (1丁)
  • 白ネギ (1本)
  • 冷凍うどん (2玉)
  • A
    • 水 (1500cc~)
    • 酒 (100cc~)
    • だし昆布 (2枚)
  • B (1人分)
    • 卵 (1個)
    • ポン酢 (大さじ2~)
    • めんつゆ (大さじ1/2~)
    • 山芋すりおろし (適量)

作り方

  1. 白菜ざく切り。大根拍子木切り。シイタケ2等分。白ネギ斜め切り。豆腐はやっこに切る。しらたきは下ゆでしハサミで切る。タラはぶつ切り。
  2. 鍋にAを入れ1の具を入れてふたをして煮込む。煮えばなを食べる。
  3. Bを合わせてたれを作る。冷凍うどんは水洗いしてほぐして鍋に入れる。
アト辛おとな味:ゆずこしょう
子手伝い:うどん洗う・卵割る
ビストロパパのワンポイント・アドバイス
つけだれを変えると飽きずに鍋が食べられ、野菜の栄養も取れる。
滝村 雅晴 (たきむら まさはる) パパ料理研究家。料理教室・研修(情報労連やNTT労組主催の料理教室も担当)の企画・講師、NHK「きょうの料理」の出演など、パパ料理の普及・啓蒙を行う。(株)ビストロパパ代表取締役。大正大学客員教授。内閣府食育推進会議専門委員。日本パパ料理教会会長パパ飯士。著書に『ママと子どもに作ってあげたい パパごはん』(マガジンハウス)、『パパ料理のススメ 父親よ大志を抱け』(赤ちゃんとママ社)。昨年度NHKラジオ第一「すっぴん!」毎週水曜日にダイアモンド☆ユカイさんとパパ料理紹介。
ビストロパパレシピ
特集
トピックス
巻頭言
常見陽平のはたらく道
渋谷龍一のドラゴンノート
志進
バックナンバー