ビストロパパレシピ2015.11

わかさぎの天ぷら

2015/11/16

日本はやっぱり海の国だなと、日々思う。と、言うのも、魚食を中心とした、家庭料理にシフトしているのだが、魚のことを知れば知るほど、食卓が楽しくなるのだ。

日本全国の郷土料理は、魚介類を使ったものが多い。肉屋の前をうろうろしていても、旬を感じることはない。クリスマスのチキンは、食材の旬とは違う。

日本列島は長く、南から北までそれぞれの旬が異なる。流通網のおかげで、全国の旬の新鮮な魚が店に並ぶ。

肉と違い、海で獲れる魚の種類や量は天候に左右される。サバが並ぶ日もあれば、アジがおススメの日もある。最近はイナダがよく出回る。関西では、ハマチのこと。

ある日、小魚が皿盛りされているのが目に付いた。「わかさぎ」だ。以前、長野県木曽町で冬に、わかさぎ釣りをし、氷上で即天ぷらにして食べたことを思い出した。あのおいしさを再現したい。一皿300円しない。買いだ。

料理はもちろん、天ぷら。揚げているそばから、おいしいのがわかる。色、香り。揚げたてをまずはそのまま食べる。ふわりと軟らかく、わかさぎの甘味を感じられる。香ばしさに脱帽。次に、ハーブソルトをつけて食べる。なぜか、片手でビールを注いでいる。至福の時。

料理を作りながら飲むお酒はなぜこんなにおいしいのか。食事時はあまり飲まない。家族の様子を見ながら、調理中にお酒を飲むのが、一番の楽しみなのだ。揚げたてのわかさぎをつまみに立ち飲みする喜び。

魚は、栄養面でも優れている。わかさぎは、魚類の中でカルシウムの王様と言われるほど、カルシウム含有量が高い。カルシウム不足と言われる今の日本人と、魚食率の低下は何らかの関係があるだろう。

今度は、どんな魚に出会えるか。そのためのビールが、冷蔵庫にスタンバイしている。

材料(3~4人分)

  • わかさぎ(30匹ぐらい)
  • A
    • 卵(1個)
    • 冷たい水(150CC)
    • 薄力粉(2/3カップ)
  • 揚げ油(適量)
  • ハーブソルト

作り方

  1. わかさぎを塩水で洗い水気をキッチンペーパー等で拭きとる。
  2. 揚げ油を180度にする。Aを混ぜた液にわかさぎをくぐらせ、揚げる。
  3. 菜箸で持ったときに、じりじりするぐらいにカリッと揚がったら、バットに取り出し油を切って、ハーブソルトをつけて食べる。
アト辛おとな味:黒七味
子手伝い:ハーブソルト担当
ビストロパパのワンポイント・アドバイス
魚屋に行くと、健康になる。
滝村 雅晴 (たきむら まさはる) パパ料理研究家。料理教室・研修(情報労連やNTT労組主催の料理教室も担当)の企画・講師、NHK「きょうの料理」の出演など、パパ料理の普及・啓蒙を行う。(株)ビストロパパ代表取締役。大正大学客員教授。内閣府食育推進会議専門委員。日本パパ料理教会会長パパ飯士。著書に『ママと子どもに作ってあげたい パパごはん』(マガジンハウス)、『パパ料理のススメ 父親よ大志を抱け』(赤ちゃんとママ社)。昨年度NHKラジオ第一「すっぴん!」毎週水曜日にダイアモンド☆ユカイさんとパパ料理紹介。
ビストロパパレシピ
特集
トピックス
志進
常見陽平のはたらく道
渋谷龍一のドラゴンノート
巻頭言
バックナンバー