ビストロパパレシピ2016.04

とり天

2016/04/20

仕事で地方出張すると、必ず地元の郷土料理を食べる。これが何よりの楽しみ。昨年、大分県は別府市に講演に行った。大分で好きな郷土料理が「とり天」。食べやすく、病みつきになる。唐揚げではなく、天ぷらを作るレシピで、鶏を揚げる。大分に行けば、どこでも食べることができる。

とり天は、つけるタレがポイント。大分の名産かぼすをポン酢に加え、からしをつけて食べる。これが絶妙。

パパたちは、仕事で全国回っておいしいものを食べている(人もいる)。家族そろって、大分に行くのは難しいけれど、せめてあの時おいしかったとり天を、家族に食べさせたい(と思うはず)。と、ここでパパ料理の出番。自分のためではない、家族のために作るパパ料理を、出張の時の思い出の味で作ってみようではないか。

とり天は、鶏肉に味付けをしたら、衣の液につけて、油で揚げる。せっかくなので、鶏以外も、季節の野菜を揚げてほしい。春なら山菜がうまい。アスパラガスなどもおすすめ。タレは、ポン酢にからしだけでもいい。かぼす以外に、ゆず、すだち、レモンなどあれば絞ってみよう。味のバリエーションは、塩とこしょうをつけるだけでも、天ぷらはうまい。

料理が楽しくなる秘訣が「再現」。食べた思い出の味、作りたかったあの料理、テレビで紹介していたちょい足しレシピなどを再現して味わう。楽譜があってもピアノは弾けない。しかし、レシピがわかれば、家庭料理は作ることができる。この連載でも、ネット上でも、無料で紹介するレシピは世の中に溢れかえっている。「材料」をそろえて、「作り方」通りに料理してみれば、誰もが旅先の思い出の味を、家で家族にふるまうことができるのだ。

最近、出先で食べたおいしい料理、思い出して作ってみよう。

調理時間

20分

材料(3~4人分)

  • 鶏もも肉 (2枚)
  • A
    • しょうが (1かけ)
    • にんにくすりおろしチューブ (小さじ1)
    • しょうゆ (大さじ1)
    • 酒 (大さじ1)
    • ごま油 (大さじ1)
    • お酢 (小さじ1)
    • 卵 (1個)
    • 塩 (少々)
    • 粗挽きこしょう (少々)
  • B
    • 片栗粉 (1/2カップ)
    • 薄力粉 (1/2カップ)
    • 卵 (1個)
    • 水 (2/3カップ~)
  • 揚げ油 (適量)
  • ポン酢 (適量)
  • かぼす (かんきつ類)
  • からし (適量)

作り方

  1. 常温に戻した鶏もも肉を1口サイズに切り、ポリ袋に入れAを入れてよくもみ15分以上おいておく。
  2. Bを混ぜ合わせる。
  3. 揚げ油を180度にし、1を2にくぐらせて、揚げ、からっと揚がったら、バットに取り出し油を落とし余熱で火を通してでき上がり。
アト辛おとな味:ゆずこしょう
子手伝い:もむ
ビストロパパのワンポイント・アドバイス
出張先でおいしいもの食べて、家で作ろう。
滝村 雅晴 (たきむら まさはる) パパ料理研究家。料理教室・研修(情報労連やNTT労組主催の料理教室も担当)の企画・講師、NHK「きょうの料理」の出演など、パパ料理の普及・啓蒙を行う。(株)ビストロパパ代表取締役。大正大学客員教授。内閣府食育推進会議専門委員。日本パパ料理教会会長パパ飯士。著書に『ママと子どもに作ってあげたい パパごはん』(マガジンハウス)、『パパ料理のススメ 父親よ大志を抱け』(赤ちゃんとママ社)。昨年度NHKラジオ第一「すっぴん!」毎週水曜日にダイアモンド☆ユカイさんとパパ料理紹介。
ビストロパパレシピ
特集
トピックス
志進
常見陽平のはたらく道
渋谷龍一のドラゴンノート
巻頭言
バックナンバー