ビストロパパレシピ2016.06

キャベツとオイルサーディンのパスタ

2016/06/16

パスタは、作り方のコツがわかるとレシピを見なくてもすむ。種類は、オイル系、トマトソース系、クリーム系の3種類。おいしく作る法則がわかれば、無限にレパートリーが増える。

乾麺は、保存ができる。缶詰もそう。この二つがあると、家族が喜ぶパスタを一品作ることができるのだ。買い物に行かずメイン料理が作れるのは、とても助かる。

特に、オイル系は、野菜と缶詰を組み合わせればいいだけ。おすすめは、ツナ、アンチョビ、オイルサーディン。野菜は、キャベツがあればバッチリ。小松菜、ほうれん草、玉ねぎでもいい。ブロッコリー、いんげん豆、アスパラガスもおいしい。

今回紹介するパスタは、冷蔵庫にキャベツがあったので、オイルサーディン缶のストックがあるのを思い出して作ってみた。

パスタ料理のときに使うキャベツは、たっぷりがおすすめ。炒めると量が少なくなるからだ。多めに炒めたつもりが、甘くて味がしみ込んだキャベツは大人気で、どれだけ炒めても、いつも完食で余らない。

オイルサーディンの風味もいい。パスタ、キャベツに、いい具合に味がしみ込む。

しみ込むと言えば、パスタ料理で大切なのは麺をしっかり煮込むことだ。炒めて作るイメージがあるが、パスタのゆで汁と一緒に煮込むことで、しっかりと味をしみ込ませるとおいしくできる。そのために、パスタのゆで時間は、表示時間の90秒前にゆで上げるのがポイント。湯切りする前に、忘れないようにゆで汁は1カップほど先にとっておこう。

パスタの麺は、太めがいい。1.7~1.9mmぐらい。味がしっかり絡んだ太いパスタを食べると病み付きになる。一度に作る量は、多くても、250~300gで。多すぎると、フライパンからあふれてしまうのでご注意を。

調理時間

20分

材料(3~4人分)

  • キャベツ (1/2カット)
  • オイルサーディン (1缶)
  • にんにく (2かけ)
  • オリーブオイル (大さじ1.5)
  • パスタ (300g 1.7mm)
  • 粗びきこしょう (少々)
  • 粉チーズ (大さじ2~)
  • パプリカパウダー (適量)
  • 塩 (大さじ2) 水 (3リットル)

作り方

  1. キャベツはざく切り。にんにくはスライス。
  2. フライパンに、オリーブオイル、にんにくを入れて火にかけ香りたったら、キャベツを加えて炒める。オイルサーディンをオイルごと加えて炒める。粗びきこしょうをかける。
  3. 鍋に水と塩を入れて沸騰させ、パスタを表示時間の90秒前にゆで上げる。ゆで汁は200CCとっておく。
  4. 2に3のパスタを加えてあえる。ゆで汁を加えて煮詰め、好みの硬さに。粉チーズ、パプリカパウダーをかけてでき上がり。
アト辛おとな味:タバスコ
子手伝い:粉チーズかける
ビストロパパのワンポイント・アドバイス
缶詰と、パスタの麺があれば、夕食はなんとかなる。
滝村 雅晴 (たきむら まさはる) パパ料理研究家。料理教室・研修(情報労連やNTT労組主催の料理教室も担当)の企画・講師、NHK「きょうの料理」の出演など、パパ料理の普及・啓蒙を行う。(株)ビストロパパ代表取締役。大正大学客員教授。内閣府食育推進会議専門委員。日本パパ料理教会会長パパ飯士。著書に『ママと子どもに作ってあげたい パパごはん』(マガジンハウス)、『パパ料理のススメ 父親よ大志を抱け』(赤ちゃんとママ社)。昨年度NHKラジオ第一「すっぴん!」毎週水曜日にダイアモンド☆ユカイさんとパパ料理紹介。
ビストロパパレシピ
特集
トピックス
志進
常見陽平のはたらく道
渋谷龍一のドラゴンノート
巻頭言
バックナンバー