ビストロパパレシピ2016.08-09

ナスの塩もみとカリカリ油揚げ和え

2016/08/17

新鮮なナスほどトゲが尖っていて、触ると刺さることも。痛いけれど、おいしい証拠。

熱帯性の植物であるナスは、まさに夏野菜。昨年、畑で育てた、大きな丸ナスはとってもおいしかった。スーパーに並んでいるような、傷ひとつないナスではないけれど、採れたての味は、どこにも負けていなかった。

ナスは、冷たくしすぎると傷むので、冷やしすぎず、水分が蒸発しないよう、ラップにくるむなどして野菜室での保存が適切。ナスは5度以下の温度は苦手なので注意を。

輪切りにしたナスを水にさらしてあく抜きし、フリーザーパックで冷凍するのもおすすめ。使うときは、そのままでも大丈夫。一度凍らせることで、繊維が壊れて、解凍したときにトロトロになって、味が染み込み、うま味たっぷりのナスを味わうことができる。

とは言え、新鮮なナスは、すぐに料理して味わいたい。そんな時は、薄切りにして塩もみし、ちょっとしょうゆなどをたらすだけで、夏味たっぷりの副菜ができる。

冷蔵庫を探してみて、何か一緒に和えるとおいしそうなものも探してみよう。ショウガのすりおろし、刻んだミョウガや大葉なんかあれば最高。白すりごまを加えて、ごま油を少量たらしてもいい。油とナスの相性は抜群なのでお薦めだ。

大人味にするには、山椒や一味、七味などがよく合う。アツアツのごはんの上にのせて、お茶漬けにしても最高。ごはんに、冷たい味噌汁と、ナスの塩もみの組み合わせも絶妙。カンタン冷汁ごはんのでき上がりだ。

ナスは産地によって、品種が異なる。京都出身の僕には、丸い形の賀茂ナスがなじみ深い。田楽や、揚げ物に向いている。

今回のレシピは、余っていた油揚げをカリカリに炒めて和えてみた。これが、またビールに合うのだ。いい夏になりそうだ。

調理時間

10分

材料(3人分)

  • ナス (2本)
  • 油揚げ (2枚)
  • 塩 (少々)
  • しょうゆ (少々)
  • すりごま (少々)
  • ごま油 (少々)

作り方

  1. ナスは半分に切り薄切りにしてボウルに入れ、塩をふってもむ。
  2. 油揚げを刻み、フライパンで空炒りして軽くしょうゆをかける。
  3. 1に2を入れ、すりごま、ごま油、ちょっとしょうゆをたらして和えてでき上がり。
アト辛おとな味:一味
子手伝い:和える
ビストロパパのワンポイント・アドバイス
ナスが1本あるだけで、夏の食卓は楽しめる。
滝村 雅晴 (たきむら まさはる) パパ料理研究家。料理教室・研修(情報労連やNTT労組主催の料理教室も担当)の企画・講師、NHK「きょうの料理」の出演など、パパ料理の普及・啓蒙を行う。(株)ビストロパパ代表取締役。大正大学客員教授。内閣府食育推進会議専門委員。日本パパ料理教会会長パパ飯士。著書に『ママと子どもに作ってあげたい パパごはん』(マガジンハウス)、『パパ料理のススメ 父親よ大志を抱け』(赤ちゃんとママ社)。昨年度NHKラジオ第一「すっぴん!」毎週水曜日にダイアモンド☆ユカイさんとパパ料理紹介。
ビストロパパレシピ
特集
トピックス
志進
常見陽平のはたらく道
渋谷龍一のドラゴンノート
巻頭言
バックナンバー