ビストロパパレシピ2017.10

揚げて漬けるだけ ひと晩浸せば、なお美味に揚げナスのめんつゆ浸し

2017/10/05

今年の夏、ベランダ菜園を本格的に始めた。キュウリ、ゴーヤ、ミニトマト、ナス、ピーマン、ししとう、バジル、大葉、パクチー、セロリの10種。園芸屋さんに行くたびに苗を買い、ベランダのプランターに植え替え、毎日せっせと水をやって育てた。

結論から言うと、バジル、大葉、セロリ、パクチーの四つが大成功。これらに共通するのは、実ではなく葉を収穫して食べられるものばかり。失敗するはずがない。

ピーマン、ししとうも成功。今でも、少しずつ収穫できている。しかし、プランターに欲張って植えたミニトマト、ゴーヤ、キュウリの収穫は少なかった。ナスに至っては、小さな1本だけ。ベランダの日照が午前中に集中するなど、外的要因もあるが、楽しみにしていたナスが1本とは。花が途中で落ちて実にならなかった。研究を重ね、来年リベンジする予定。

大量のナスを収穫して、作りたかったのが「揚げナス」。京都の実家に帰るとヒンヤリした揚げナスが副菜で出てくる。

母の味とは違うが、秘伝のネギつゆダレに漬けておくだけで、絶品副菜になる揚げナスが私の中で今年の夏のマイブームに。

切ったナスを、少量の油で揚げて、めんつゆと、ネギ、ショウガ、白ごまのたれに漬けるだけ。漬けてそのまま食べるもよし、冷やして食べるもよし。

朝、炊きたてのごはんに、一晩漬けた揚げナスを、たれごとのせて食べる。これがまたウマイ。

今回はナスを使ったレシピだが、他にも、ピーマン、ししとう、ゴーヤなど、夏野菜も揚げて漬けてみた。どれも美味だった。

いずれの野菜も、ベランダ菜園で収穫できる野菜ばかり。来年の夏は、自給自足で揚げものシリーズを作ると、今から決めている。

材料

  • ナス (4本)
  • ネギ (1本)
  • ショウガ (1かけ)
  • 白すりごま (適量)
  • A
    • めんつゆ (150cc) ※濃縮2倍
    • 水 (150cc)
  • 揚げ油 (適量)

作り方

  1. ナスのがくをとり、半分に切って格子状に包丁で切れ目を入れ、さらに縦半分に切る。
  2. プラスチック容器にAを入れ、みじん切りネギ、すりおろしショウガ、白すりごまを入れる。
  3. フライパンに1センチぐらいの油を入れ、180℃に加熱したらナスを入れてしんなりするまで揚げたらそのまま2に入れて冷やしてでき上がり。
アト辛おとな味:七味
子手伝い:めんつゆと水を合わせる
ビストロパパのワンポイント・アドバイス
揚げた野菜をめんつゆに浸せば、だいたいおいしい。
滝村 雅晴 (たきむら まさはる) パパ料理研究家。料理教室・研修(情報労連やNTT労組主催の料理教室も担当)の企画・講師、NHK「きょうの料理」の出演など、パパ料理の普及・啓蒙を行う。(株)ビストロパパ代表取締役。大正大学客員教授。内閣府食育推進会議専門委員。日本パパ料理教会会長パパ飯士。著書に『ママと子どもに作ってあげたい パパごはん』(マガジンハウス)、『パパ料理のススメ 父親よ大志を抱け』(赤ちゃんとママ社)。昨年度NHKラジオ第一「すっぴん!」毎週水曜日にダイアモンド☆ユカイさんとパパ料理紹介。
ビストロパパレシピ
特集
トピックス
志進
常見陽平のはたらく道
渋谷龍一のドラゴンノート
巻頭言
バックナンバー