ビストロパパレシピ2019.05

地味だけど、頼りになるのは、インスタ映えしないおかずだ豚の甘辛煮

2019/05/14

すしが握れなくても、のりで巻けば、家庭で簡単にすしパーティーができる。刺し身は切り身を買ってくる。酢飯は、炊いた白米に市販のすし酢をかけて混ぜる。のりの上に酢飯をのせ、青じそと刺し身ひと切れをのせて包む。ワサビしょうゆをつけて食べる。

刺し身は柵で買って切り身にした方がお得だが、同じ魚種ばかりになってしまう。少々割高にはなるが6種盛りもおススメ。巻くネタは、刺し身以外でもOK。ツナにマヨネーズをあえたツナマヨ。めんたいこや納豆も手巻きずしの具になる。

先日わが家で開いた手巻きずしパーティーでは、肉のネタを作った。回転ずしの店でも、牛カルビ、ハンバーグ、イベリコ豚などの肉メニューが増えている。

作ったのは、豚の甘辛煮。しょうゆ、みりん、砂糖、酒を混ぜ合わせて肉を漬け込み、火を通すだけのシンプルな料理。レタスで挟んで食べる。肉にしっかり味が付いているので、しょうゆをつける必要はない。ブリ、マグロ、サーモン、甘エビ、ホタテを楽しんでから肉巻きを食べると、また食欲が湧いてきた。

最近は、作った料理をSNSに投稿する人が多いため、見た目も華やかで彩りもいい「映える」料理がネットに拡散されている。料理が苦手な人にとっては、見るだけで料理のハードルが上がるかもしれない。自分が作る料理と比較しても仕方がない。食卓が地味でも大丈夫。食べた家族が「楽しい食事」ができたのなら、どんな料理でもいいのだ。わが家で出した豚の甘辛煮は、茶色一色でとっても地味な一品だったが、刺し身に負けないぐらい評判が良かった。早速妻が、食品保存容器に少し取り分けた。翌日のお弁当のおかず用だ。インスタ映えより、作り置きおかず映えする点が家庭料理には重要なのだ。

調理時間

20分

材料(3〜4人分)

  • 豚細切れ肉(300g)
  • 白ねぎ(1/2本)
  • A
    • しょうゆ(大さじ2)
    • みりん(大さじ2)
    • てんさい糖(大さじ2)
    • 酒(大さじ1)

作り方

  1. ボウルに肉と、小口切りした白ねぎを入れ、混ぜ合わせたAを加えてもむ。
  2. フライパンに1を入れて炒めて味がしっかりついたらでき上がり。
アト辛おとな味:七味
子手伝い:調味料を計量する
ビストロパパのワンポイント・アドバイス
料理は見た目よりも、食べた満足度を重視しよう。
滝村 雅晴 (たきむら まさはる) パパ料理研究家。料理教室・研修(情報労連やNTT労組主催の料理教室も担当)の企画・講師、NHK「きょうの料理」の出演など、パパ料理の普及・啓蒙を行う。(株)ビストロパパ代表取締役。大正大学客員教授。内閣府食育推進会議専門委員。日本パパ料理教会会長パパ飯士。著書に『ママと子どもに作ってあげたい パパごはん』(マガジンハウス)、『パパ料理のススメ 父親よ大志を抱け』(赤ちゃんとママ社)。昨年度NHKラジオ第一「すっぴん!」毎週水曜日にダイアモンド☆ユカイさんとパパ料理紹介。
ビストロパパレシピ
特集
トピックス
巻頭言
常見陽平のはたらく道
渋谷龍一のドラゴンノート
志進
バックナンバー