ビストロパパレシピ2016.10

肉×野菜×定番味付け、 派手な器に盛り付ける。鶏もも肉と赤ピーマンの煮物

2016/10/21

食材の組み合わせ次第で、味が変わるのが煮物の楽しみのひとつ。ことこと煮込んで味見したとき、想像を超える味に出会えると、うれしくなる。

同じ素材だけで作るのもおすすめ。ナス、里芋、大根、卵もいい。京都に住む実家の母は、ナス好き。幼少のころ、ナスの煮物(京都では、「ナスのたいたん」と呼ぶ)をどっさり作っていたことを覚えている。

肉を加えて煮込むと、味がガラッと変わる。肉の脂がいい具合に煮汁に加わり、味が濃厚になる。財布にも優しく、煮物に合うのは鶏。鶏の出汁がいい具合に出て、煮汁が絶妙の味になるのだ。

今回紹介するのは「鶏もも肉と赤ピーマンの煮物」。鶏は皮ごと使う。いい具合に脂が染み出て野菜と絡む。

鶏肉だけで作ると、色が偏るが、鮮やかな色の赤ピーマンと合わさることで、味だけでなく、彩よく、食欲をそそる色合いになる。緑のピーマンが熟したものが赤ピーマン。糖度が緑ピーマンより多いため、ほんのり甘く子どもも食べやすい。

もともと色味も見た目も地味な煮物。カラフルで派手な器によそっても、落ち着いた雰囲気になり、食卓栄えもする。

あとは味付け。わが家の定番は、昆布とカツオ節でとった出汁500ccに、薄口しょうゆ大さじ4、みりん大さじ4に、具材を入れて煮込むだけ。ちなみに「薄口しょうゆ」は、調理向きのしょうゆ。色が薄いが塩分濃度は濃口の16%より2%ほど高い。素材の風味を生かすために、色や香りを抑えた薄口しょうゆ。だから煮物向き。

うまみたっぷりの煮物の煮汁。うどんを入れて青菜や油揚げを刻んで入れて煮込めば、あっという間に、煮汁うどんができる。肌寒い日に、煮物からの煮汁うどんを作ってみては。

調理時間

25分

材料(3人分)

  • 鶏もも肉 (1枚半)
  • 赤ピーマン (3個)
  • 白ねぎ (1本)
  • しょうが (少々)
  • A
    • カツオと昆布の出汁 (500cc)
    • 薄口しょうゆ (大さじ4)
    • 本みりん (大さじ4)
    • 酒 (大さじ1)

作り方

  1. 鍋にAを入れ、ぶつ切りにした鶏もも肉、縦4等分にした赤ピーマン、ぶつ切りにした白ねぎを加え、蓋をして火にかけ沸騰したら火を弱め、鶏に火が通ったらでき上がり。
  2. 皿に盛り付け、しょうがをすってかける。
アト辛おとな味:生七味
子手伝い:調味料はかる
ビストロパパのワンポイント・アドバイス
煮物の煮汁で、もうひと品作ろう。
滝村 雅晴(たきむら まさはる) パパ料理研究家。料理教室・研修(情報労連やNTT労組主催の料理教室も担当)の企画・講師、NHK「きょうの料理」の出演など、パパ料理の普及・啓蒙を行う。(株)ビストロパパ代表取締役。大正大学客員教授。内閣府食育推進会議専門委員。日本パパ料理教会会長パパ飯士。著書に『ママと子どもに作ってあげたい パパごはん』(マガジンハウス)、『パパ料理のススメ 父親よ大志を抱け』(赤ちゃんとママ社)。昨年度NHKラジオ第一「すっぴん!」毎週水曜日にダイアモンド☆ユカイさんとパパ料理紹介。
ビストロパパレシピ
特集
トピックス
志進
常見陽平のはたらく道
渋谷龍一のドラゴンノート
バックナンバー