ビストロパパレシピ2019.04

忘れがちな便利な食材 春雨で食べごたえあるサラダを春雨サラダ

2019/04/12

いつも立ち寄る輸入食材店で、店内を物色していると、「春雨」の棚に目がいった。そういえば、最近春雨料理を作っていないことに気付いた。春雨料理を作れないのではない。ありとあらゆる料理のレシピが公開されていて、なんでも作れる時代なので、自分が好きな食材や料理が多すぎて、目の前で見つけないと思い出せないのだ。

春雨料理の定番と言えばサラダ。熱湯で戻した春雨に具と調味料を和えればできあがりだ。副菜に並んでいるとうれしい一品。小鉢に少量で出てくるイメージの春雨サラダ。もう少し食べたくなるのは僕だけか。腹いっぱい食べるには、自分で作るのが一番だ。

春雨は、緑豆や、ジャガイモ、サツマイモから採取されたでんぷんで作られた乾燥食品。日持ちするので、常備食としてストックしておくと使い勝手がいい。ちなみに、緑豆からできたものが、緑豆もやしだ。緑豆の春雨は、ほぼ中国か台湾製。国産はジャガイモで作られている。緑豆春雨の方が熱にも強く、炒め物や汁物に適している。国産は、熱に弱く柔らかいのでサラダ向きだ。個人的には、コシがあって、簡単に伸びないので緑豆春雨が好きなのだが。

腹が減っている時は、ボウルいっぱいに入った春雨サラダなんか、ペロリと食べてしまう。ダイエットにもいいイメージが春雨にはあるが、でんぷんは糖質。食べ過ぎると、他の麺と変わらないカロリーになるので、ほどほどに。

新たな年度が始まる4月から、お弁当作りをする家庭も多いことだろう。このコラムでは、共働き家族を応援する、作り置き料理も紹介している。春雨サラダも作り置きおかずなので作ってほしい。初めての方でも、レシピ通りに一度作れば誰でもできる。仕事も料理も楽しむ新年度にしていこう。

調理時間

20分

材料(4人分)

  • 春雨(200g *戻して380g)
  • ワカメ(60g)
  • 水菜(2株)
  • ハム(5枚)
  • A
    • 酢(大さじ2)
    • ごま油(大さじ2)
    • しょうゆ(大さじ1)
    • 砂糖(大さじ1)
    • 塩(少々)
    • 粗挽きこしょう(少々)
    • 白ごま(少々)

作り方

  1. 春雨をゆでて水洗いしはさみで切る。ワカメを水洗いしてざく切り。水菜はざく切り。ハムは小さく切る。
  2. ボウルに1とAを入れて和えてできあがり。
子手伝い:はさみで切る
ビストロパパのワンポイント・アドバイス
サラダのレパートリーに、春雨サラダを加える。
滝村 雅晴 (たきむら まさはる) パパ料理研究家。料理教室・研修(情報労連やNTT労組主催の料理教室も担当)の企画・講師、NHK「きょうの料理」の出演など、パパ料理の普及・啓蒙を行う。(株)ビストロパパ代表取締役。大正大学客員教授。内閣府食育推進会議専門委員。日本パパ料理教会会長パパ飯士。著書に『ママと子どもに作ってあげたい パパごはん』(マガジンハウス)、『パパ料理のススメ 父親よ大志を抱け』(赤ちゃんとママ社)。昨年度NHKラジオ第一「すっぴん!」毎週水曜日にダイアモンド☆ユカイさんとパパ料理紹介。
ビストロパパレシピ
特集
トピックス
巻頭言
常見陽平のはたらく道
渋谷龍一のドラゴンノート
志進
バックナンバー