ビストロパパレシピ2021.08-09

2度3度
食べるたびに
クセになる「ほや」
ほやとしめじの
バターしょうゆ炒め

2021/08/16

家時間が増えたことで、Amazonプライムビデオや、ネットフリックスなどの動画配信サービスを利用する人が増えた。ネットサービスの特徴は、利用している人の嗜好に合わせておすすめしてくれることだ。次見た方がいいよと紹介してくれる動画を見て、大ファンになった映画やドラマも多い。

1話途中でやめたが、何度もレコメンドされるので改めて見てハマったのが少年ジャンプの『ハイキュー!!』だ。高校男子バレーボールの物語なのだが、個性的でポジティブなキャラクターが成長していく。心に響くセリフが毎回飛び出す。アニメの続きが知りたいので、『ハイキュー!!』全45巻をいつ買おうかが目下の悩み。

食も今まで食べたことがない食材をすすめられて好きになることがある。先日も一つあった。形が似ていることから海のパイナップルともいわれる「ほや」だ。食感は貝に似ているが、味がとても複雑なのだ。三陸産の殻を剥いた刺し身用のほやを食べた。甘みも、塩味も、苦味もあり、おいしいと感じるが、クセが強い。ソテー、天ぷらと、調理法を変えながら食べ比べるにつれて、ほやのおいしさがわかってきた。翌日、改めてポン酢で生ほやを食べたところ、食べた瞬間から、クセのある味がおいしく感じられたのだ。食べるたびに、あとからくる苦味を楽しんだ。また、ほやは火を通すことで味や食感が変わり味わい深くなる。バターしょうゆソテーは最高の酒のつまみだ。

マンガやアニメも1話見るぐらいでは、面白さに気付かない。続けて見ることでハマりファンになるのだ。

ほやも1回食べただけではだめ。2度3度食べることで違う味付けのほやが食べたいと思えるようになっていく。

今年の夏は「ほや」と『ハイキュー!!』をおすすめする。

調理時間

10分

材料(2人分)

  • ほや(2個)
  • しめじ(1/2パック)
  • オリーブオイル(大さじ1)
  • バター(大さじ1)

  • しょうゆ(小さじ1/2〜)

作り方

  1. ほやの水気をキッチンペーパーでふき取り2〜3センチ幅に切る。しめじはいしづきを切ってばらす。
  2. フライパンを火にかけオリーブオイルを入れる。ほや、しめじを入れて炒める。バター、しょうゆを加えて炒めてでき上がり。
アト辛おとな味:七味
子手伝い:ほやの水気をふく
ビストロパパのワンポイント・アドバイス
このコラムがきっかけで、好きになってみよう。
滝村 雅晴 (たきむら まさはる) パパ料理研究家。料理教室・研修(情報労連やNTT労組主催の料理教室も担当)の企画・講師、NHK「きょうの料理」の出演など、パパ料理の普及・啓発を行う。㈱ビストロパパ代表取締役。大正大学客員教授。農林水産省食育推進会議専門委員。日本パパ料理協会会長パパ飯士。いっしょに作る料理動画を、毎週末YouTubeでライブ配信中。ビストロパパチャンネルも開設。
ビストロパパレシピ
特集
トピックス
巻頭言
常見陽平のはたらく道
渋谷龍一のドラゴンノート
バックナンバー