ビストロパパレシピ2020.08-09

やっぱり食べたいこれなら毎日作れるありもの簡単サラダ

2020/08/17

夕食の献立作りに悩む人は多い。献立だけ考えてくれるスマホアプリもあるくらい。レシピと食材がセットになったミールキットも人気だ。食材を余らせることがないのもうれしい。

毎日の献立を考えるときには、まず「メインのおかず」を決めよう。和食、洋食、中華。この三つのジャンルから食べたいものをイメージする。もしくは、肉、魚どちらを食べたいか。汁ものは毎回みそ汁でもいい。具を変えれば毎日飲んでも飽きない。

あとは、サラダ。これも世の中に山のようにレシピがあるけれど、具材を切ってドレッシングをかければサラダは完成だ。野菜を買って冷蔵庫にストックしておけば、何とかなる。なかなか使い切らないドレッシングも、合わせるだけで、オリジナルドレッシングになる。

そこで合わせて相性がいい組み合わせを紹介する。和風なら、ごま油、塩、こしょう、ポン酢、しょうゆ、マヨネーズ。洋風なら、オリーブオイル、塩、こしょう、フレンチやシーザーサラダ、ごまドレッシングを合わせてかけてあえるだけ。野菜は、レタス、トマト、きゅうりだけでOK。和風なら大根や油揚げ、のりなど加えてもいい。砕いたナッツを加えるだけで触感が変わる。はちみつや、フレッシュレモンを絞るだけで、サラダがレストランの味になる。

家にある野菜を使い切りながら、冷蔵庫に残っている調味料で、簡単にサラダが作れる。ぜひ覚えて実践してほしい。

一番手間をかけずに、思い付きでつくるサラダほど、妻の評判がいい。今回は、サラダに、余っていたグレープフルーツを入れて正解だった。

調理時間

15分

材料(3〜4人分)

  • 大根(10センチ)
  • きゅうり(1本)
  • ミニトマト(6個)
  • レタス(4枚)
  • 油揚げ(1枚)
  • グレープフルーツ(1/4個)
  • レモン(1/16個)
  • 白ごま(少々)
  • A
    • ごま油(大さじ1.5)
    • 塩(少々)
    • 粗びきこしょう(少々)
    • ポン酢(大さじ2)
    • 冷麺のたれ(大さじ2)
    • マヨネーズ(大さじ1)

作り方

  1. 大根は短冊切り。きゅうりは乱切り。ミニトマトは半分に切る。レタスはざく切り。油揚げは小さく切ってフライパンでから炒り。グレープフルーツは皮をむいて小さく切る。
  2. ボウルに1とAを加えてあえる。白ごまを加えてレモンを絞ってでき上がり。
子手伝い:あえる
ビストロパパのワンポイント・アドバイス
サラダは気軽に作ろう
滝村 雅晴 (たきむら まさはる) パパ料理研究家。料理教室・研修(情報労連やNTT労組主催の料理教室も担当)の企画・講師、NHK「きょうの料理」の出演など、パパ料理の普及・啓発を行う。㈱ビストロパパ代表取締役。大正大学客員教授。農林水産省食育推進会議専門委員。日本パパ料理協会会長パパ飯士。食コミュニケーションアプリ「FamCook」リリース。FamCookオンライン料理教室企画・講師。
ビストロパパレシピ
特集
トピックス
巻頭言
常見陽平のはたらく道
渋谷龍一のドラゴンノート
バックナンバー